着物買取に役立つメンテナンスと注意事項

母からもらった着物、仕事で使わなければいけなかった着物、昔の着物など様々な着物をお持ちの方がいるかもしれません。
そして、ブランド洋服と同様に使わなくなった着物はしっかりと買取に出して、現金にすることができます。
古き良きこういった伝統的な衣類は、現在注目をされており高価買取となるようです。
さて、そんな着物なのですが、大切にしておいたとしても、どうしても劣化は免れません。
ここでは、そんな着物をより高価買取とするためのコツとして、手入れやクリーニングなどの仕方を紹介していきます。
是非、着物買取の参考にして見てください。

メンテナンスが必要な訳

まず、着物は生地も洋服に比べて厚手ですし、そこまで劣化しないのでは、という印象があります。
しかし、実は非常に繊細な衣類となります。
まず、たたみ方もちゃんとしていないと、シワになってしまって、戻す事が困難になります。
さらに、着物焼けなどを起こす事があるので、色より濃い色に染め替えたり、さらには金銀彩加工で模様を描き直したりといった修繕をすることなるのです。
勿論、その分の査定額は下がってしまうのです。

自分で色々手出さない

着物買取で高価買取をしたいと思うあまりに、染み抜きや丸洗いなどをしてしまう場合があります。
しかし、これは、生地を痛める事となりますので、素人は辞めて行く事をオススメします。
こういった場合は、しっかりと専門業者に頼む事が大前提となりますね。

汗ジミなども注意

そして、案外気がつかないのが、一度着ると汗などのたんぱく質などが付着してしまう事です。
こういった場合は、放置していると虫喰いの原因となってしまうのです。
シルクなので、そのままクリーニングに出そうとしても、やはり生地の仕立てなど様々な部分が違ってくるので、大きく注意が必要となります。
専門業者に頻繁に出し、湿気や埃のつきやすい押入れではなく、桐のたんすなどに保管する事が着物買取で高価買取となるコツとなります。